桃のこと

「なつっこ」始まりました!


昨日始まった「まどか」とほぼ同じタイミングで始まるのが「なつっこ」

IMG_0600

IMG_0618

「川中島白桃」に「あかつき」を交配して育成された品種で、長野県で生まれました。写真だと分かりづらいのですが、かなり大きいです!

この「なつっこ」なんですが、福島県では県北地域の伊達地区以外ではほとんど見かけません。桃の品種は数多くありますが、何をどれだけ植えるかは、経営の大きなポイントとなります。

なぜ「なつっこ」が植えられるようになったかですが、「あかつき」が終わった8月上旬は、「まどか」が基本です。ただ、甘くなる前に色が先行することや、お盆前の需要に応えるためにどうも収穫が早めになりがちに。味がのっていないのでクレームが多い品種となってしましました。

そこで「まどか」の代わりとして植えられたのが「なつっこ」です。味も形も良いので、長野県では多く栽培されているようです。

じゃあどうして、伊達地区だけなの?って話ですが、「まどか」の収穫タイミングを普及させる努力や、収穫の解禁日を設けることでクレームを減らすことができるようになったため。「あかつき」に近いしやっぱり「まどか」だよね!ってことなんでしょう。

とまあ、役に立つか分からない情報でしたが、もしスーパー等で見かけることがあったら、その色に注目してみてください!

亀岡果樹園Webショップでも販売しております。

http://shop.kameokakajuen.com/