Category Archives: おすすめ観光

地域のおすすめ観光地を紹介

パークゴルフがすごく楽しい!

「福島市に果物狩りに来て、夜は飯坂温泉に泊まるんだけど他に遊ぶとこ無いの?」というときはこちらはいかがでしょうか?

福島市パークゴルフ場 – 福島市ホームページ

そもそもパークゴルフって?

先週末行って来ました。こんな感じです。

▼ドライバーを短くした、やや重量感のあるクラブを使います。

IMG_0155

▼ボールは野球ボールくらいのサイズで硬い。人口芝の台から一打目。

IMG_0156

▼距離が短いのでここまで振ることはないです

IMG_0153

▼9ホールが4コースもあります!

IMG_0158

▼新しくて綺麗なクラブハウスも!レストランは無く飲み物自販機のみ

IMG_0161

いくらで遊べるの?

なんと1日券が500円!何回コースを回ってもいいんです!

専用のクラブとボールが必要なので、それぞれ100円ずつ足しても合計700円!!

福島市の施設だから安いんでしょうねぇ。

といってもゴルフの方が楽しいんじゃない?

それは否めない。ゴルフ好きのおじ様方には物足りなく感じるかもですが、ヨメさんや子どもたちと一緒に楽しめるので、父親のかっこいい所を見せてあげて下さい!

飯坂温泉まで車で30分ちょい。汗をかいたあとの温泉はたまらんですよ!!

▼開放感のためウッキウキ!

IMG_0169

果物狩りの季節が始まった!

開園式なんてものやるんですねぇ。

果物狩り、観光客も笑顔に…福島で開園式 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

同市飯坂町平野のあづま果樹園で開かれた開園式は、果樹園やJAでつくる福島市観光農園協会の主催。片平新一会長(62)が「『復興支援』と言って多くの人がきてくれる時期は終わった。観光客を呼びこむ方法を考え続けないといけない」とあいさつした。

これはもう会長のおっしゃるとおり。『復興支援』の下駄を履かせてもらうことなく、地力の魅力を探して作ってアピールして観光客に来てもらいたいです!

なんて言いつつ、亀岡果樹園では果物狩りやってません(笑)。すみません。

父ちゃん母ちゃんでやってるような個人農家が明日から観光果樹園を始めることができるかというとそんなことはなく、いろいろ準備しなきゃいけないです。商売として成り立つのかとかそういった問題もありますが、一番はやはり安全面だと思います。

果樹園って、結構危険なところがあります。草刈機などの農機具とか、切りっぱなしの枝とか、ハシゴとか、ぶどうなどの栽培で使う棚の金属線だとか。栽培には必要なのですが、観光客の方に畑に入ってもらうためには、この辺を切り分けなければいけないです。

とはいえ、もぎたての果物は是非味わっていただきたい!おいしいんです!水分量だとか理屈はあると思うんですが、自分で「これはうまそう」と樹に生っている果実を選んで獲ってすぐ食べる!という経験が良いのではと!

県北地域で果物狩りをするならやはり福島市飯坂町平野のフルーツラインがオススメです!ピンポイントで目的の果樹園に行くのも良いですが、ロードサイドに観光果樹園がたくさん並んでいるので、いったんフルーツラインを通過してみて、好みの果樹園に目星をつけてから行くってことができます!

あ、もちろん亀岡果樹園でも言って頂ければ対応します!トイレ無いとか注意点はありますが(トイレに行くときは家に戻らにゃならんのです(笑))

【福島観光】ハワイアンズをより楽しむために

先々週末ですが、ハワイアンズに行って来ました。そうです、福島県を代表する観光スポットですね!

目的はこれでした。

DSC_0844

DSC_0830

DSC_0827

*写真撮影はOKとのことでした

チームラボアイランド 学ぶ未来の遊園地 inハワイアンズ|スパリゾートハワイアンズ

teamLabのお絵かき水族館と、ハワイアンズの素晴らしさレポートについては他にまかせるとして、細かいですが気になったことをお伝えします。

コインロッカーが多い

うろ覚えですが、、

  • 男女別ロッカールーム:100円/返金なし
  • プールエリア各所:300円/開け閉め自由、終了時に100円バック
  • 温泉大浴場パレス(室内風呂):200円/返金なし
  • 江戸情話 与一(露天風呂):無料 *ただし奥行きめちゃ狭い

▼Webサイトには詳細情報はなさそうですね

ハワイアンズ

はじめてのハワイアンズ|スパリゾートハワイアンズ

鍵に気をつけて

うまくやりくりしないと無駄にロッカー代はらってしまいそうなのですが、気を付けたいのは鍵をなくしやすくなること!

実際私、鍵をなくしたと思ってスタッフさんに問い合わせしたあげく、結果バックに入っていたというトラブル起こしました(汗)

ただ、宿泊者の方は部屋をベースにできるのでそんなに気にしなくて良さそうです。

半田沼 ー 花が満開のその先にあるもの

昨日の投稿で、半田沼で花見をしてきたことをお伝えしました。

花が満開の半田沼に行って来ました!

この話には続きがありまして、、

こんな看板を見つけたので先に進んでみました。

DSC00616

沼の周りとは違った感じの道を進みます。緑です。

DSC00605

一気に下ります。3日くらい前の雨がまだ地面を濡らしています。

DSC00606

なにやら地下に続く階段を発見!

DSC00614

なんか見えてきた!!

DSC00613

おおおおお!穴です!!!

DSC00609

がっちり鍵かかってますけどなんか穴です!!!!

DSC00610

実はこの半田山、慶長3年:1598年(*関ヶ原の戦いは慶長5年)に操業を始めた半田銀山があった山で、半田銀山は「石見銀山」」、「生野銀山」とならぶ日本三大銀山の1つに数えられます。

上記写真は「半田銀山中鋪跡」。中鋪(なかしき)と呼ばれる坑道は、いくつかある坑の中でも古い部類だそう。本来の坑口は違う場所にあり、写真の坑口は昭和40年代に資源調査の為に掘削されたもの。ただ、ここから江戸時代からの坑道に繋がっているそうで、激しく胸アツです!

江戸時代は罪人が働いていたようで、落盤事故などにより多くの人が亡くなったそうです。ガクブルです。

男のロマンですね!大きい男子たちは絶対中に入ってみたいはず!

安全性の面から厳しいとは思うのですが、探索ツアーなどできないもんでしょうか。完全予約制1日10組限定雨天中止かつ、「なんかあっても命は保証しません」という条件で。町議会の皆様、いかがでしょうか??

あ、ツアー参加者には果物をプレゼントしましょう。

花が満開の半田沼に行って来ました!

半田沼とは、桑折町にある沼でして、その名の通り半田山の中腹にあります。

明治期に半田山が崩壊(地すべり)を起こし、それによってできたそう。農業用水に使われています。

案内板はこんな感じ。古くてよく分かりませんww

DSC00572

貸自転車あり〼。勾配強めなので頑張ってください。

DSC00573

水面が見えてきました!

DSC00577

視界が開けました!

DSC00580

”沼”というので濁っているのかなと思ってましたが透き通っています!

DSC00594

ブランコもあり〼。

DSC00590

ちょうど桜が満開でした!

DSC00579

DSC00597

湖畔ならぬ沼畔を散策

DSC00601

な、なんだこれは!?

DSC00607

続きはまた明日。。