選ばれたのは、桃でした。


亀岡果樹園がある福島県伊達郡の桑折町は、桃の栽培に向いている土地だということもあり、桃を栽培している農家の数が非常に多いです。

こちらを参照しました。

2015年農林業センサス農林業経営体調査結果(確定値)について – 福島県ホームページ

果樹農家のうち9割以上が桃を選択

桑折町には384の果樹を栽培している販売農家(一定の規模以上の耕地面積と販売金額がある農家)がいるのですが、その中で桃を栽培している農家の数は355で92.4%!!

この数は飛び抜けていて、他の果物はというと、りんご(84)、ぶどう(27)、日本なし(1)、西洋なし(3)、さくらんぼ(11)、びわ(1)、かき(88)、くり(2)、うめ(16)、すもも(20)といった具合。

ダントツ!

そりゃゆるキャラのモチーフが桃になるわけだ。

桃を栽培している農家が多い理由は一つではないですが、栽培適地であることは必要条件でしょう。

ちなみに近隣の地域はというと(桃の販売農家数/果樹の販売農家数)、国見町(392/456)、伊達市(833/1405)、福島市(1179/1819)で、いずれの自治体も桃の栽培率高いです。

桃の9割弱が県北地域で栽培されている

福島県全体では、桃を栽培している果樹農家は3160なので、県北の2町と2市で9割弱を占めていることになります。

すごい。福島県の北のほうに来たら桃を食べましょう!