桃の栽培に適した「桑折町」

高品質の果物を作る条件の1つに、適地適作があります。桑折町は福島盆地の北部に位置し、充分な日照時間や雨量、盆地という地形からくる昼夜の温度差を備えており、桃の生育に適した気候となっています。

また、桑折町の中でも亀岡果樹園の畑がある阿武隈川(あぶくまがわ)流域の土地は、栄養が豊富で、水はけがよく、桃の栽培に適しています。

条件が揃っているためか、桑折町の果樹農家の92.4%(355軒)が、栽培品目の1つに桃を選択しています。(2015年時点)

関連記事

選ばれたのは、桃でした。

技術の更新

亀岡果樹園では昭和20年頃には桃の栽培を開始していました。その経験に頼るだけでなく、福島県や農協が主催する指導会や研修会に積極的に参加し、常に栽培技術をアップデートしています。

また、息子の隆宏が就農するにあたり、1年間福島県の果樹研究所で研修を受け、最新の基礎技術を学びました。

関連記事

産地としての農業

福島県の果樹研究所ってどんなところ?

品種の追求

桃は新しい品種、改良された苗木が他の樹種に比べ高い頻度で登場します。また、現在評価されている品種であっても、年数を経ることにより特性が変わってしまうこともあります。気候の変化にも対応しなければなりません。

栽培している桃の種類は育成中も含めると2017年現在で35種類におよび、現状より高品質な品種の選択に、常に挑戦しています。

適期の作業

栽培に重要なポイントとして、桃の生理に合わせた適期の作業があります。

  1. 栽培品目の適切な組み合わせにより、(当園ではあんぽ柿)他品目の栽培管理による影響を削減
  2. 予備摘果や袋掛けなどのシンプルながら時間のかかる作業を、農協を通じて地域の作業メンバーに依頼し、適期作業の遅延を防止
関連記事

満開後30日

朝採り当日発送

果実は収穫後も呼吸作用を行っているため、成熟が進行します。収穫後の果実温度が低いほど、呼吸作用を弱くすることができます。

夏場は夜明けとともに収穫を開始し、昼過ぎまでには梱包を完了させ、当日中に発送します。

最少の作業

デリケートな桃の品質を維持するため、可能な限り桃に触れる作業を減らしています。

収穫から集荷まで、基本的に3手で完了させています。

  1. 収穫カゴを持ち、熟したものを選びながら収穫
  2. 収穫エリアに停めた軽トラの荷台で、収穫カゴから平コンテナに選果しつつ並べる
  3. 軽トラで30秒ほどの作業場に運び、フルーツキャップをかぶせて箱に梱包

この後、梱包が完了した桃を配送業者が集荷して行きます。

さらに詳しく

保存方法・食べ方

保存方法 箱で購入した場合は、まず箱を開けて中身を確認してください。 常温で保管をお願いします。温度変化を嫌い […]

品種一覧

2017年現在、亀岡果樹園では育成中も含めると30種以上の桃を栽培しています。 はなよめ 山梨県の志茂勝弘氏が […]

おすすめ記事

選ばれたのは、桃でした。 - 亀岡果樹園がある福島県伊達郡の桑折町は、桃の栽培に向いている土地だということもあり、桃を栽培している農家の数が […]
献上されるかもしれない「あかつき」が出荷されて行きました - 亀岡果樹園がある伊達郡桑折町で収穫された桃は、皇室に献上されています。 平成6年に始まり、今年で23年目となり […]