桃のこと畑のしごと

冬の仕事「整枝剪定」終了しました


桃に限らず果樹農家にとって大事な冬の作業、整枝剪定が昨日終わりました!

他の農家さんが終わり始めて若干あせりつつ最後に幼木を剪定して終了しました

剪定は桃農家の仲間の間でも最も盛り上がる話題です。理由の1つには正解が無いことがあると思います。桃の生理に従うので基本的なルールはあるのですが、作業性や土地の状況に合わせて様々な型や流派があり、同じ型を取り入れていても、隣の農家さんでさえ個性が出る。なのであれがいいこれがいいあーだこーだと盛り上がります。

ちなみにうちでは同年枝を使って3,4本を主枝にした開心自然形です。主幹延長枝を使った2本主枝の開心自然形に大藤流をインスパイアしたと言えばいいのだろうか。ちょっと何言ってるか分かんなくてすみません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください