ブログ書いてる人


自己紹介


亀岡 隆宏(Takahiro Kameoka)1984年生まれ、ねずみ年、魚座、AB型。

農家の3人姉弟末っ子長男として生まれる。桑折町立醸芳中学校卒業後、福島県立福島高等学校に進学し水泳部に所属(文化祭でのシンクロがほぼメインの活動でした)。高校卒業後、仙台の河合塾文理予備校で浪人後、明治大学経営学部に入学。典型的な私立文系の大学生活を過ごす(バイクで日本一周してみるも自分は見つからず)。そのまま東京でIT企業(SIer)に就職し、システムエンジニアとして会社員生活を過ごす。

2016年春にUターン就農し、1年間は福島県の果樹研究所にて、研修生として栽培に携わりました。

農業への想い

なぜ農業なのか

  • 農業を魅力を若い世代に伝えたい

子供の頃、家が農家ということをなんとなく恥ずかしく思っていました。
そんな自分と同じような思いを持ってほしくないなと考えてます。

  • 果物を通じて人の役に立ちたい

仕事を通じて世の中に価値を提供し誰かの役に立ちたいと考えています。
果物を通じてこれを実現したいです。

大事にすること

  • 情報発信

農業は3K(きつくて汚くてかっこ悪い)と言われることがあります。
これは事実かもしれませんが、どの業種でもきつい状況は必ずあります。
イメージだけでなく現場の活動を積極的に情報発信し、3Kを上回る魅力を知って欲しいです。

  • 顧客視点

桃の場合、市場へ出荷時は大きくて甘くて色付きが良いものが評価されます。
これを目指すだけでは、生産者の都合だけのような気がしています。
消費者の人が求めているものは何なのか、自分で想像し考え提供することで、役に立てるのだと思います。

家族経営について

家族経営の強みは、持続可能性を重要視することだと考えます。
短期的な数字にとらわれず、誠実に仕事と向き合っていきます。

福島で一次産業に従事するにあたり

2011年の東日本大震災による原発事故以降、福島は食の安心に対する問題を抱えています。
安全性を維持し、説明することは、生産者としての当然の責任です。
安心の前提には安全があります。その上で、商品(サービス)の価値で選んでもらえることを目指します。