Category Archives: 経営のこと

桃の品種リレー

桃に限ったことではありませんが、一言に桃といっても種類(品種)は複数あり、収穫時期はそれぞれ異なります。

桃を主力の栽培品目に位置づけている農家は、収穫時期が異なる桃を複数育て、シーズン通して出荷できるようにしています。

作業量を平準化するという目的が大きいです。福島を代表する品種あかつきは、人気の品種で需要が高いので、ついついたくさん育てたくなってしまうのですが、増えすぎると栽培管理のタイミングが重なり、特に収穫期は大変なことになりますよ(汗

亀岡果樹園のリレーはこんな感じ。

続きを読む →

若者のリンゴ離れ?

若者のリンゴ消費が低迷していると、東奥日報という青森の新聞が報じてました。さすが青森。

若者のリンゴ消費低迷/総務省家計調査 – 東奥日報社

総務省の2016年の家計調査によると、1世帯(2人以上)当たりのリンゴ年間購入数量は、世帯主が「70歳以上」の世帯は20.8キロだったのに対し、「29歳以下」はその10分の1以下の1.9キロにとどまった。

70歳以上が世帯主の家はそもそも世帯の人数が多いであろうことを考慮したとしても、若い世代の購入量は少なさそうです。

記事にあるように、青森県ではリンゴの消費を促すために幼少期の食習慣が重要とみて、食育活動に力を入れているようです。

もちろんこの取り組みも大事だと思いますが、提供するカタチを工夫するアプローチも必要ではないかと考えます。これはリンゴ以外の果物、桃などにもあてはまること。

私は10年ちょいの間1人暮らしをしていたのですが、家で果物を食べることはあまりありませんでした。皮をむく手間や、食べきれない場合の保存する手間などを考えると、果物には手が出ませんでした。同じようなことを思っている人は少なくないはず。

そんな人のために、カットしたり乾燥させたりした加工品にくわえ、そもそものサイズが食べ切れる大きさの果実があれば、その食べやすさから、今まで見向きしなかった人に選んでもらえる可能性があるのではないかと思います。

食味の良さだけでなく、食べやすさも選ばれる基準です。近ごろ大人気のシャインマスカットは、味が良いことだけでなく、皮ごと食べられる手軽さも人気の理由です。

既存の流通や販路が前提だと、規格に合わない大きさの青果物を生産することは確かに大きなリスクです。しかしながら、チャレンジする価値はおおいにはあると考えています。

 

食べ物の生産地

先週、4泊ほど南の島でバカンスしてまいりました。楽しかったです。


▲乾季と聞いていたのに一日中雨が降ったりやんだり。夏の福島のほうが暑い。

現地で働く日本人の方と話す機会があり、日頃どんなものを食べてるのかという話になりました。基本的に自炊しているとのことでしたが、卵はアメリカ本土から運ばれてくるため日が経っており、生や半熟では食べられないとのこと。他の生鮮食品についても島で栽培されたものは少なく、他の生産地から運ばれてくるようでした。

これは、一つの国の中の話ですが、国家間でも同様な流れにあるのは周知の通り。穀物や食肉など、大量生産ができて効率よく生産している土地の食物が流通している。

そのような流れがあったとしても、その土地ごとでで作られたものの価値はなくらないでしょう。単純に国産のものがいいという欲求もあれば、観光的な意味で外部から来た人がその土地のものを食べたいという欲求もあるはず。鮮度という品質を重要視する人もいる。他の地域ではコスト的に見合わないという生産側の理由もあるかもしれない。

そんな世の中においては選択肢があることが重要なのではないかと。一昔前であれば需要も供給も少ない商品は、無くならざるを得なかったと思うのですが、現在ではそれらをマッチングする仕組みが多種多様にあり、必要とされているのであれば特別な支援を受けることなく、生き残れるのではないかと。

と、見たい映画が無くなった帰りの飛行機の中で考えてました。

果物の消費

おばんです。台風はどうやら大きな被害なく過ぎ去ったようです。明日収穫予定の桃をだいぶ落としては行きましたが。。。想定の範囲内ですかね。

畑仕事をお休みしている間、こんな記事を目にしました。

実力あるのに冷遇? 日本の果物事情:朝日新聞デジタル

タイトルが本文とマッチしてない気がするのですが、要点は引用すると以下2点です。

日本人の果物摂取量は先進国の中で最低クラスにあります。

さらに、この40年の推移をみると、果物を食べる量は少しずつ減ってきています。

確かにそうだ

元データを確認できてないですが、これは肌感覚で分かる気がします。

記事でも指摘してますが、日本人(日本)にとって果物は嗜好品の位置づけですよね。

東京に限らずスーパーで果物を買おうとすると高い。肉や魚、野菜のほうが”コスパがいい”。「今晩のおかずは何にしようかな〜」という軽い気持ちではなかなか手が出ない。

どうする?

果物農家としては消費が減ることは困るわけで、じゃあどうするか、どうゆー消費行動がのぞましいのかですが、

  1. 贈答文化の維持
  2. 野菜のようにもっとラフにたべてもらう

あたりかなと。

贈答文化の維持

果物農家の大事な販路の1つに、宅配があるのですが、お中元目的で購入&配送を依頼される方が多くいます。お中元やお歳暮は日本の文化ですが、最近では、「お中元の時期だから何か送らなきゃ」という若い人(少なくとも40歳以下)はほとんどいないでしょう。

だからといって、「この文化をなんとか維持せよ!」は間違ってると思っていて、”お中元だから”ではなく、”食べてみたらおいしかったから勧めたい”という動機の贈り物であって欲しいなと。そのためには、人に勧めたくなるような品質の果物を提供することはもちろん、「どこどこの誰々さんがどういうふうにして作ってるんだって」という貰ってうれしい付加情報の提供が必要と考えます。

ラフにたべてもらう

ラフにたべてもらうには、価格を今より安く提供できることが必須。

「果物は嗜好品だから」と、生産者がこだわるのではなく、多少色やキズがあっても味に大きな影響はないので、そこを知ってもらい、出荷し、今は格外品の果実も市場にもっと出回るようになればいいなと。

そもそも、技術は日々進歩しているので、栽培コストはまだまだ下げられる。そうすれば今より手にしやすい価格になる。

 

「付加価値付けて高く売りましょう」というのが、農家に対するありがちな1つのアドバイスなんですけど、みんながそれやってちゃ困る人いるしダメだよね。家で食べる用と、人に贈るもしくはちょっと特別な日に食べる用で住み分けできるんじゃないかな。

じゃあ自分に明日から何ができるかというと、考え中。。。

▼最近よくカエルがいます。触るの昔は平気でしたが、いまはちょっと。。
IMG_0903