桃のこと畑のしごと

桃の剪定作業


農家は収穫時期以外はあまつ目立つことなく、特に冬などは「何してるの?」と言われがちです。

果樹農家の場合、この時期はひたすら「剪定」してます。

▼上にまっすぐ元気に伸びた枝(徒長枝)は基本的に使わないので、ノコギリで切り落とします。この樹は徒長枝が出やすい品種なので、切り応えがあります。

▼品種だけでなく樹齢によっても樹の状態は様々で、下の樹は枝がほとんどなくなってしまった老木なのですが、全体の品種構成を考えてもう一年栽培することに。

▼切り口が大きい場合は(近所の達人によると500円玉以上が目安)、ここから枯れてしまう可能性があるので、

▼このように、ゆ合剤を塗って、切り口を殺菌し、切り口の回復を早めます。

例年だとこの時期は雪が積もった中での作業になるのですが、今年は気温が高く雪が降っても積もらず、作業が捗ります。雪が少ないことの影響は今の所はっきりしていません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください