桃のこと

業界関係者が2019年に注目する果実ランキング


1/14日付の日本農新聞の紙面に、”2019年に注目する果実ランキング”の記事がありました。

調査の対象は卸会社や生協、小売店などで、49社から回答を得たとのこと。


*web版に記事はありません。

シャインマスカットはここ数年不動の1位なのではないでしょうか。食味が良いことや食べやすいことはもちろんですが、生産量増えているので相場が下がる期待も関係者にはあるそうです。

気になる桃は

13位で回答数5の”夢みずき”と33位で回答数3の”なつっこ”の2品種がランクイン。少々寂しいですね。

夢みずき

2013年に品種登録された品種で山梨県果樹試験場が育種した山梨県オリジナルの品種。去年の調査ではランクインしていなかった気がするので、注目度が上がっているということでしょうか。

山梨県/登録品種情報 モモ・スモモ・オウトウ

山梨県オリジナルもも品種「夢みずき」試食宣伝会/東京青果株式会社

試食宣伝会の効果があったのかもしれませんね。

桃農家仲間のふくももさんも推しの模様。

これは食べてみたくなりますねぇ。

なつっこ

山梨県で多く栽培されていますが、福島県ではあまり見かけることがありません。亀岡果樹園含む桑折町ではそこそこ栽培されていますがその量は年々減っています。というのも収穫期が”まどか”に重なるからです。まどかは高糖度で大玉、福島の人好みの硬い果肉という特徴を持ち、福島県内ではあかつきに次ぐ人気があります。さらには袋かけが不要なこともあり、消費者目線でも生産者目線でも福島県においてはなつっこより優れた品種といえます。

——

記事によると果実共通で評価されるのは、ダントツで「食味」だそうです。食べやすいことや大きいことや保存性が良いことなども気になりますが、何よりもまず果物に求められているのはおいしいこと。これが大前提だよというわけですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください